アブダッラー (darbuka)

エジプトの太鼓に魅せられ、学生時代から現地をバックパックで放浪。放浪中に出会ったバハレイヤ・オアシスの司祭Hamada Fafmyの勧めを受けてムスリムに改宗。2008年より1年間エジプトのカイロで暮らし、現地の埃と騒音と音楽にまみれる。毎年アラブ諸国を訪れ、現地の音楽家達と公演を重ねつつアラビア語、イスラム教の勉強中。タブラユニット「Arbaa Tabbaliin」、「Tabla kwaiesa」、アラブ音楽ユニット「セントヒトヨ」、「Voice of the Nile club」、自主企画の「東北Baladi Progression」、「エレキウード&ダルブッカ探検隊」などで活動。伝統芸能である能楽と小鼓を宝生流・今井尋也氏に学び、日本人としての演奏スタイルも探究中。

http://yaplog.jp/abdallah/